結婚式は大変だよと感じた事

結婚式は恋愛関係にある2人が結ばれるゴールの証しです。そこまでに辿り着くまでに、紆余曲折があったでしょう。2人がどのように結ばれたか、決して順風満帆ではなかった証拠が喧嘩です。喧嘩するほどカップルは仲良くなれるという言い回しがありますが、それは既婚者にしか分からないですよね。結果論ですが、結婚目前で喧嘩によって破局した例もあるなど結ばれるまでにお互いがどれくらい歩み寄れるかです。結婚すると決めた後に式を挙げるかどうかですが、一番ネックになるのがお金ですよね。そこから始まります。

結婚式は華やかに?地味に?

結婚式は盛大に挙げたい人は華やかさを好む傾向にありますが、地味に挙げたい人は新郎新婦の親族のみだったり、ごく親しい人を中心にした少人数という図式になります。それでも新郎新婦を祝いたい気持ちに変わりないので、祝儀など祝い金を頂いたら出席の有無に関係なくお返しは今後の関係を維持するためには必要になります。相手に失礼がないように配慮するのも当然です。結婚式は盛大に、地味でもお金がかかるのも特徴です。相手の事もあるので、お返しの仕方は祝儀などで判断するといいでしょう。

結婚式の主役は誰になる?

新郎新婦が主役になる結婚式ですが、一番の主役になりそうなのが新婦のウェディングドレス姿でしょう。新郎もタキシードで合わせますが、華やかさでいえば新婦の方が上です。ウェディングドレスは人生に一度しか着れない晴れ姿ですから、新婦にとっては力の入れ所になります。当然ですが、結婚式代の中にウェディングドレスの料金も含まれます。新婦にとっては式自体は地味でもドレスだけでも華やかにしたいでしょう。新郎はお金の事を考えると、少しでも安くというのが本音ですよ。

鶴岡八幡宮で結婚式が行えることをご存じですか。15万円で挙式ができ、舞殿は解放されている為一般の参拝者も見学できます。